MENU

増額とは再審査のことをいいます

限度額増額をお考えのあなた。カードローンは1度ローンカードを発行したらもう審査を受ける必要はないと思っていませんか?

 

実はその考えは間違った考え方です。

 

カードローンの審査を受けなおす大きな機会の1つに限度額増額というものがあります。
増額とは、今あなたの持っているカードローンの枠を増やすことをいい、カードローン利用の幅を大きく広げるものです。

 

効率よく増額を行うにはどうすればいいのか。増額よりももっと効率の良い方法はないのか。増額審査を通過するポイントは?など、限度額増額について一緒に確認をしていきましょう。

 

 

増額審査は受けたほうが良い?受けない方が良い?

借入できる枠は大きくしたい。
でも増額が再審査なら増額できるかわからないし、何よりもう一度審査を受けるのは嫌だ。

 

そんな風に思いませんか?

 

増額審査を受けるということは、もう一度審査をして正しい評価(限度額設定)をしなおすということになります。

 

ということは、
増額申請=限度額の増額
という認識は間違いです。

 

人によっては
増額申請=限度額の減少
増額申請=アコムの利用停止
となる可能性も十分にありえます。

 

増額審査で借りれる枠が小さくなってしまうこともありえます。
増額が成功するにしてもしないにしても、増額を検討するなら、まだ他社借入の検討をしたほうが賢い選択かもしれません。

 

アコムで増額申請をする前に他社借入は検討しましたか?

増額は自分から申請をすると増額失敗のリスクが大きくなります。それなら他社借入で即日融資をしてもらったほうがあなたのニーズに応えられる確率が格段に上がります。審査に時間がかかり失敗のリスクがかかる増額よりもおすすめな他社借入で人気なカードローンを紹介します。

 

三菱東京UFJ銀行
バンクイック

 

 

>公式HPはこちら<

 

金利 最高限度額 融資スピード
4.6%〜14.6% 500万円 即日融資可能

銀行カードローンの中でも指折りの融資スピードを誇るバンクイック。最短融資時間は40分と消費者金融顔負けの融資速度です。バンクイックはweb完結での申込が可能で、出かける前にwebで申し込み⇒三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口でカード発行と言うプロセスを踏めば、実質待ち時間0分で借入ができてしまいます。

 

増額審査の待ち時間とリスクを考えたらバンクイックで借入をした方が安定して借入が可能なので、まずはバンクイックで他社借入をし、その後にバンクイックでおまとめをする方法がおすすめです。

 

>公式HPはこちら<

 

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

 

>公式HPはこちら<

 

金利 最高限度額 融資スピード
4.5%〜17.8% 500万円 即日融資可能

アコムと同様に無利息期間のあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。即日融資やweb完結はもちろん、1度借入をしてしまえばweb上で即日振込みをしてくれる瞬フリというサービスも人気です。
金利もアコムよりも安く、アコムと同等かそれ以上のサービスがある消費者金融となっています。プロミスにはレディースプロミスと言って女性専用の申し込みフォームもあり、男性・女性問わず多くの方から指示を得ています。

 

借入まで最短40分ととても短く、増額申請よりもはるかに効率よく借入が可能です。

 

>公式HPはこちら<

 

モビット

 

>公式HPはこちら<

 

金利 最高限度額 融資スピード
3.0%〜18.0% 800万円 即日融資可能

モビットはweb完結の先駆けの消費者金融です。即日振り込みはもちろんのこと、融資スピードでも他の貸金業者に負けません。
簡易審査という形でまずは申し込みをしますが、これは本審査にカウントはされません。簡易審査で本審査に必要な情報を全て入力するので、仮審査に通ればほぼ借入確実です。

 

>公式HPはこちら<

 

 

 

増額の再審査はリスクが高いってほんと?

限度額の増額・増枠を行う際にはまず今の現状のあなたの状況を知ることから始まります。最初に借入を行ったときと同様に勤務先や現在の年収、住所などに変更が等がないかもう一度借入先に伝えることから始まります。
もちろんこの工程の中には在籍確認も含まれています。
初めて借入を行ったときと同様の審査を受けて、保証会社から保証が受けれると版出されれば増額が可能になります。

 

ただ、気をつけて欲しいのは増額申請に落ちてしまったときです。
増額審査に落ちてしまうと、【限度額の引き下げ】や【利用停止処分】を受けることになります。これは、利用者の信用情報や現在の収入などの兼ね合いから借入先が「今まで貸しすぎていた。。。」という判断をするときに起きる現象です。増額申請を行って限度額を増やそうと思っていたのに限度額を下げられてしまったら元も子もありませんよね。

 

また、増額審査は場合によっては初回借入のようなスムーズな審査回答を得ることはできません。50万円を超える借入からの増額申請だと、収入証明書を提出した後、申請をしてから2日〜3日待つこともありえます。

 

増額申請でもっとも気をつけたいのはやはり収入の変化があり、収入証明書の提示が必要な額の増額の場合。アコム単体で50万円。他社との合計100万円を超えない借入額なら初回申し込み時には収入証明を提示する必要はありません。しかし、増額をする際にはどれだけ少ない額の増額でも所得証明書を提示しなくてはならないのです。

 

また、収入の変化があったときにはアコムの登録情報を変更する必要があります。ユーザーページの登録情報から変更は可能ですが、変更した情報は早ければ当日。遅ければ2日〜3日の時間をかけてアコムのデータベースに再登録されることとなります。
アコムのデータベース上にあなたの情報が更新されていない時点で増額の申請をしても、増額不可となる可能性もありますのdえ注意してください。

 

 

アコムでの増額を考えたときに抱えなければいけないリスクは
・会社や家族に借金がばれるリスク
・限度額を下げられてしまうリスク
・利用停止処分を受けてしまうリスク
・増額ができないリスク
この4つのリスクを抱えることになります。
これらのリスクを考えたとき、増額を選択するよりも他社借入を行ったほうが効率が良いという決断をする方も少なくはありません。
基本的に増額に成功するケースと言うのは【債権者から申し出が合った場合】です。特に収入の変化や職場の変更がない場合に増額申請をしてもたいした額の増額は見込めませんし、基本的に増額はできないでしょう。

 

 

そもそも増額ってどういうこと?

無事にお金も借りられたし、返済もきちんと行っている。今月は出費が多いからもう少し借入を増やそうかな、なんて事もあるかもしれませんが、これは注意が必要です。

 

まず自分の契約極度額(契約書に記載されている、いわゆる利用限度額の事です)と、
現在借りている残高を確認してみてください。
簡単に言うと、契約極度額−現在の借入残高の分は繰返し追加で借りる事ができます。
例えば10万円の契約極度額の人が、今3万円借りていたとして、残り7万円分は繰返し追加で借りる事ができるのです。

 

なお、

延滞している場合

アコム以外の消費者金融での借入に延滞があった場合

延滞はなくても他社との借入の合計が年収の1/3を超えた場合

は追加で借りる事はできません。

 

ただし、契約極度額を超えるお金が必要になった!という場合には、増額をしなければなりません。

 

しかし契約極度額を増額するには、初めに申込んだ時と同じように審査があります。
審査に通らないと増額はできないのです。では審査とは一体どのような事を見られるのでしょうか?

増額の際にチェックされる項目

増額時には初回審査とはう観点から審査を行われることが多いです。その項目にはおおまかですが、4つのポイントがあります。
増額を成功させる為にも、まずは増額審査でチェックされるであろうポイントを抑えているかを確認していきましょう。
増額でチェックされるポイントは

 

引越し、転職などの個人情報が変わった時には届出をしているか。
アコムで延滞せず毎回きちんと返済しているか。(6ヶ月以上)
他社からの借入があるか、また延滞がないか。
他社との借入合計が年収の1/3を超えていないか。

の4点です

 

引越し、転職などの個人情報が変わった時には届出をしているか。

引越しや転職をしたら様々な手続きがある為つい忘れがちですが、手続きを怠ってしまいアコム側が何らかの連絡しても居場所が分からない、なんて事になると信用を失ってしまいますよね。
増額の追加融資申請を行うときには、先に紹介したように「再審査」ということになります。
その為、以前の登録内容との差異がないのかを確認します。このときに個人情報の変更をしっかりと申告していないと「個人情報の虚偽」という判断をされてしまう可能性があります。個人情報の変更があった場合には速やかに個人情報の更新を行い、個人の信用情報に傷が付かないようにしておきましょう。
特に50万円以上の借入をしている場合は定期的に収入証明書をアコムに提出しなければならないので、転職しているのに報告を忘れていると「証明書とアコムに登録されている事項が合わない」という判断をされます。
たくさんの手続きがあって大変ですが、個人情報が変わった時には忘れず届けを出すようにしましょう。

 

アコムで滞納せず毎回きちんと返済しているか。(6ヶ月以上)

これも基本的な事ですがとても大切です。借りたお金が返せない人に、新たにお金を貸したくないですよね。
また度々返済が遅れる場合も要注意です。借りたお金は期日までにきちんと返す、これを6ヶ月以上は続けて「計画的に借入、返済できている」という実績を作ることが大事です。
返済実績は増額申請をするときの審査において最重要事項といっても過言ではありません。追加で増額をしたとしても返してくれるという保証がなければ貸金業者もお金を貸すことをしないからです。
万が一返済が遅れそうなときにはしっかりとアコムに連絡をして、返す意思があることをしっかりと伝えておきましょう。これをするとしないとでは、アコムの利用者に対する信用は天と地ほどの差が出てきます。

 

他社からの借入があるか、また延滞がないか。

他社からの借入がある場合も、増額時の審査ですぐに分かります。
当然他社での延滞も分かりますので、同じように期日を守ってしっかり返済していなければいけません。
なお、アコムも含めて4社以上借入があるとその時点で増額は難しいようです。
アコムでの返済遅延と同様で、他社の返済に遅れが出ている場合にも増額審査に通らない場合があります。
貸金業者の利用している個人信用情報機関は基本的に同じ場所です。再審査を行うときには、この信用情報機関から個人の信用情報を取り寄せるので、他社の返済状況も簡単にわかってしまうのです。増額をしたら今度は自社の返済がされないのではないかと判断されてしまったら、最悪利用停止にもなりかねません。

 

他社との借入合計が年収の1/3を超えていないか。

「総量規制」という言葉を聞いた事のある方も多いと思います。
年収の1/3を上回る貸付はしてはいけない、という制度です。これは1社だけではなく他社からの借入も含めてです。
総量規制という貸金業法の規制により、貸金業者からの借入金額が制限されています。
その為、年収の1/3以上の借入が他社を含めてある場合、増額申請をしても100%通ることはありません。
ただし銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっています。

 

この4点は増額審査の際に必ずチェックされます。

 

増額の際は一度借りているからといっても再審査があり、限度額内の追加借入と同じように借りられるわけではありません。

特に急いで借りたい!という場合には、他社から新たに借入した方が早い場合もあるので、一箇所からの増額にこだわらずに他社からの借入も選択肢にいれてみるのもいいかもしれません。

 

 

増額審査落ちの原因

増額審査をしたのに審査に落ちてしまった。
そんな経験がある方もいると思います。ではなぜあなたの増額申請は不可とされてしまったのでしょう。
考えられる理由としては

 

・アコムの利用履歴が短い
・属性が低い
・金融事故をおこした
・職についてからの期間が短い

 

の4点です。
これらの条件は増額審査を通過するために抑えておくべき点でもあります。
では、なぜこの4つが審査落ちの原因となるのか、詳しく見ていきましょう。