アコムを申し込む時の必要書類って何?

 

即日融資可能と言っても、実際に申し込みに必要なものって何があるのか分かりませんよね。
そんな即日融資と可能なアコムの必要書類と書類提出についての注意事項をまとめてみました。

 

 

アコムは本人確認書類だけでOK!?

初回50万円以内の借入申込をするときにアコムで必要になる書類は「本人確認書類」だけです。
申込時にアコムで指定されている本人確認書類は以下2点です。

・運転免許証
・健康保険証(運転免許証がない場合)

基本的に必要なのは運転免許証ですが、ない場合には各種健康保険証でも構いません。
*外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書・外国人登録証明書が必要です。
また、現住所と本人確認書類の記載住所が違う住所になっている場合は、現住所に居住していることがわかる書類の提出が必要となります。
居住がわかる書類として認められるのは以下のものです。

・公共料金の領収書(電気料金・水道料金・都市ガス料金・固定電話料金・NHK料金のいずれか1つ)
*携帯電話の領収書は認められません。
・社会保険料の領収書
・国税・地方税の領収書
・納税証明書

居住確認の書類は発行されてから6ヶ月以内のものしか認められませんので注意してください。

 

所得証明書は要らないの?

アコムで借入をする際、借入希望額が50万円に満たない場合には所得証明書は要りません。
50万円以内での借入で収入証明が必要になるケースは「他社含み、借入合計が100万円を超えている」場合のみです。

 

また、50万円以内でも所得証明の提出を求められる申込があります。
それは限度額の増額申請をするときです。アコムの増額は再審査という意味合いを持っていますので、初回審査とは別枠で改めて審査が行われます。
その際に、貸付額を大きくすることが可能かどうかを所得証明を使って判断するのです。所得の状況によっては限度額の減額や、利用停止の判断をされる場合もあるので要注意です。

 

収入証明が必要な場合に用意する書類を以下まとめます。

・源泉徴収票(最新のもの)
・給与明細書(直近1ヵ月分。住民税の記載がない場合は直近2ヵ月分が必要です。)
*賞与明細書がある方は、直近1年分の賞与明細の提出も必要です
・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
*最新年度のものが交付されていない場合は前年度でも可。ただし、6ヶ月以内のものに限る
・所得証明書(最新年度のもの)
*最新年度のものが交付されていない場合は前年度でも可。ただし、6ヶ月以内のものに限る

給与明細を提出する場合、本人氏名・発行年月・月収の明記が必須です。手書きの給与明細の場合、担当印だけでなく「社判または社印」が必要になるので注意してください。
居住している市区町村によっては収入証明書類の名称が違う可能性があります。名称の違いに気がついて、本人で確認が取れない場合は、町村役場や市役所でこれらの書類で間違いないか確認を行ってください。

 

その他に必要となる可能性がある書類

本人確認書類と収入証明書以外に必要となる可能性がある書類は口座のわかるものと、その口座の届出印です。
これらは、借入後の返済時に口座引落で行う際の口座登録に必要な書類となっています。

 

振込みで返済を行う方は必要ありません。

 

必要書類提出の注意点

平成27年10月の第1月曜である5日時点でマイナンバー制度が導入されました。
必要書類(特に給与明細書や住民票など)には個人に当てられたマイナンバー(個人番号)が記入されている可能性があります。*最近では機械の不具合により、希望していないにも関わらず住民票にマイナンバーが記載されてしまった例もあります。

 

必要書類の提出をする際には、マイナンバーが写りこまないように塗りつぶすか、隠すかをして提出するようにしてください。
*マイナンバー流出は銀行口座が他人に渡ってしまうことと同等かそれ以上のリスクがあります。