MENU

カードローンの信用情報・スコアリングってなに?

金融会社でショッピングのクレジットカードや、消費者金融・銀行のカードローンを申し込む際には、必ず「信用情報への登録」について同意が必要になっています。

 

「信用情報への登録」とは、簡単に言うと、あなたの個人情報(ローンなどの契約内容や取引内容)を、信用情報機関へ登録し金融機関で情報の共有することを許可してください、ということを言っています。
ここで、「個人情報が漏れてしまうの?!」と心配される方がいますが、「個人情報保護法」に基づき、消費者と金融機関の健全な信用取引をする為のものであるため心配は不要です。

 

では、消費者金融・銀行のカードローンの契約時に重要な「信用情報」とは何か?どのような時に使用されるのでしょうか。

 

信用情報とはどのようなものなのか?その役割とは

カードローンやクレジットカードに申し込みをするとき、必ず住所や氏名、電話番号や勤務先などの個人情報を入力しますよね。

 

信用情報には、クレジットやローンに関わる「お客様の個人情報(本人を特定するための情報)」「契約内容に関する情報」「返済状況に関する情報」「取引事実に関する情報」などの、信用取引に関する情報が登録されています。
これらの情報はクレジットやローンの審査の際に、顧客の支払い能力を判断するための資料として使用されます。

 

信用情報の持つ役割とは、金融機関の消費者等への過剰貸付を防止する・顧客の信用力の判断・審査を迅速に進める、などがあげられます。

 

クレジットカードもカードローンもお金を貸すことによってその手数料や利息を利益として出す商品です。
その為、お金を貸したが返ってきませんでした。という貸し倒れになってしまうことを最も恐れています。

 

金融会社は信用情報機関の会員となり、顧客の契約内容や支払状況・利用残高・返済状況・滞納・などの取引事実を「信用情報」に登録し、会員と契約者本人のみが情報を確認できるようにしているのです。

 

このように「信用情報」から顧客のクレジットやローンに関わるの個人情報が調べられるため、契約の際に虚偽の申告をするとすぐにばれてしまいお金が借りられなくなります。
契約時は必ず正確な情報を記載しするように気をつけましょう。

 

審査の基準となる信用情報機関の属性・スコアリングとは

金融会社の審査では、信用情報の「属性」が重要となります。

 

属性というのは、あなたの所得や所属している勤務先。
勤続年数からあなたにどれくらいのお金を貸すことができるのかを判断する為の判断基準となるものです。

 

属性が高ければ高額のお金を借りることができますし、低ければお金を借りることができないこともあります。

 

一次審査(仮審査)の時点で、信用情報の属性をコンピューターシステムによってスコアリング(点数化)し、申込をした顧客の信用度を自動的に統計解析します。このシステムによってスピード審査が可能になっています。

 

これらの属性をスコアリングした結果、その合計点数によって顧客の信用度を計っているのです。

 

*属性(スコアリングの評価基準)

属性を判断する基準には大まかに以下の項目があります。

・年齢(20代後半〜)
・職業、勤務先、雇用形態(公務員や正社員など安定した企業が高評価)
・勤続年数(勤続年数が長いほど高評価・最低1年以上は必要)
・年収(年収・他社の借入れ状況もあわせての評価)
・健康保険の種類(勤務先から発行される共済・社会保険・組合健保などが高評価)
・住居形態、居住年数(持家・居住年数が長いほうが良い)
・家族構成(同居家族がいる方が高評価)
・連絡先(固定電話と携帯電話の両方あったほうが良い)

 

各項目で属性の高い・低いが判断され、あなたの信用度に直接結びついていくのです。

 

審査の前に知りたい信用情報の確認方法

 

「信用情報」が審査にどれだけ重要になるのかご理解いただけたと思います。
では、審査前に自分の信用情報を確認することはできるのか?
答えは、可能 です。

 

信用情報機関の「信用情報」は、会員である金融会社と、契約者本人のみ開示が許可されています。
確認方法:信用情報機関(CIC・JICC・全銀行個人信用情報センター)にて、

・PCやスマートホンなどからインターネット開示(即日で回答がある為一番早い)
・郵送で開示(郵送にて必要な書類を送付し「開示報告書」を取り寄せる)
・窓口で開示(信用情報機関の窓口にて「開示報告書」を受け取る)

これらの方法で調べることができます。

 

信用情報は、個人の信用力を問われる一番大切な資料です。

 

金融会社の審査では、信用情報から申込者の虚偽申請はないか必ずチェックが入ります。
登録内容に間違いがあり虚偽申請と判断されるだけで個人の信用がぐんと下がってしまうことから、審査に落ちる可能性も高くなります。
これからお金を借りたいという方は、申込書に記載する内容に間違いがないよう十分に注意をしましょう。