MENU

おまとめローンは総量規制対象外なの?おまとめするならここがおすすめ!

カードローン利用などのキャッシングを行うときにネックになるのが総量規制ですよね。年収の3分の1までしか借入をすることが出来ないというこの法律に泣いたことがある方もいるのではないでしょうか。
この総量規制は貸金業法で定められている法律なので、銀行カードローン利用を考えている方は気にする必要はありません。ですが、審査の通りやすさから消費者金融での借入を考えたときに、この法律はなかなかやっかいなものですよね。でも、そんな総量規制に引っかからずに消費者金融を利用できる方法があるんです。

 

おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがおすすめ?

おまとめローンは消費者金融でもできるのはわかったけど、結局どっちがおまとめをするのにおすすめなの?
と思ってしまいますよね。

 

普通に考えるなら銀行でおまとめをすることで金利を低くして返済を楽にするというのがおまとめローンとしては一般的な考え方です。

 

おまとめローンは総量規制の例外対象

総量規制はカードローン利用者が借りすぎによって首が回らなくなってしまうという状況が相次いだ事がきっかけで作られた法律です。

 

なので、利用する側の私たちとしては総量規制のおかげで生活を苦しめることなく節度を持ってお金を借りることが出来るので、感謝すべき制度なのかもしれません。

 

ですが、どうしても総量規制の枠を超えた借入がしたいときもあると思います。
そんなときには総量規制の例外を利用できる場合があるかもしれません。

総量規制には例外として
「顧客に一方的に有利となる借換え」
については総量規制の例外とすると明記されています。

 

簡単に言うと
おまとめローンや借り換えについては総量規制の対象外とします
ということです。

 

厳密には「返済金利」「月々の返済額」「総返済額」「返済期間」が全て減少し、顧客にとってメリットしかない借換えにのみ適応される例外なのですが、
この条件に当てはまっていておまとめローンを行いたい場合には総量規制に関係なく消費者金融から借入を行うことが出来ます。
最近では消費者金融でも借換え・おまとめ専用ローンを組むことが出来るので、そちらを利用すると良いと思います。

 

それではここからは銀行カードローンで行うおまとめと、消費者金融で行うおまとめのメリットとデメリットを見ていきましょう。

銀行カードローンでおまとめローンをするメリットとデメリット

銀行カードローンでおまとめローン審査に通過できた場合、ほとんどのケースでは金利も総返済額も下がるためおまとめローンに失敗することはないでしょう。
ただ、そんな銀行カードローンでのおまとめローンにもメリットとデメリットが存在します。

 

―銀行カードローンでおまとめをするメリット―
銀行カードローンでおまとめローンをするメリットは

 

・金利が低くなる
・月々の返済額が低くなる
・総返済額が低くなる

 

の3点。
おまとめローンではこのい3点があるだけで失敗するリスクはほぼ9割がたありません。
複数のところから借入をしていることで無駄に負担していた金利を抑え、月々の返済額の減少が見込めます。
おまとめをする前の借り方にもよりますが、多ければ20万円〜50万円の返済総額の減少が見込めたりもします。
―銀行カードローンでおまとめをするデメリット―
逆にデメリットを上げるなら、それは審査が厳しいことです。
銀行カードローンは通常の借入でも審査通過が厳しいといわれています。そんな状態で多重債務の方がおまとめローンの審査を行うということは審査通過の難易度が高いというのがわかります。

 

そんな審査の厳しい銀行カードローンですが、全額のおまとめが叶わなくても2社分・3社分のおまとめならできる可能性もあります。おまとめローンはあなたの借金苦を軽減させるものですので一度相談してみることをおすすめします。

 

消費者金融でおまとめローンをするメリットとデメリット

一般的に金利が高く借りれる額が少ないというイメージの消費者金融。そのイメージはおまとめローンをするときにも当てはまります。

 

おまとめローンでの消費者金融の利用では総量規制に引っかかる心配はありませんが、それでもあまりメリットのあるように感じない消費者金融でのおまとめにもメリットとデメリットが存在します。

 

―消費者金融でおまとめをするメリット―
消費者金融でおまとめローンをするメリットは審査が銀行カードローンより甘めの1点。
銀行カードローンでのおまとめは絶対に審査通過することができないという確信があるのであれば消費者金融でのおまとめがおすすめです。審査通過の点で言うなら銀行カードローンでおまとめするよりもはるかに審査通過率が高くあります。

 

―消費者金融でおまとめをするデメリット―
逆にデメリットを上げるなら

 

・金利が高い
・限度額が低い

 

の2つ。
消費者金融でのおまとめローンの最低金利相場は大体年利10.0%前後。
最高金利相場は16.0%前後です。
そして限度額では大体300万円〜500万円の間でのおまとめしか対応していません。

 

おまとめローンとしては致命的なデメリットな気もしますが、あなたの借金の具合によってはそんな消費者金融でも十分におまとめローンとして機能することもあります。審査通過だけを見て消費者金融に申し込みをする前に、まずはあなたの借金をおまとめしたら返済額がどれくらい減って金利負担がどれくらい減るのかを計算するようにしましょう。

 

おまとめローンなら銀行カードローンがおすすめ!

銀行カードローンと消費者金融のおまとめローンをするときのメリット・デメリットを紹介しましたが、ぱっと見で銀行カードローンでのおまとめローンがおすすめであることがわかりますね。
総量規制の対象にならない消費者金融でのおまとめですが、おまとめローンとしての役割を考えると審査通過がしやすいだけでは選ばないようにしたほうが得策だといえます。

 

消費者金融でのおまとめよりも銀行カードローンでのおまとめをおすすめする理由を付け足すなら、銀行カードローンでのおまとめなら追加融資を受けることが可能な場合があるということ。

 

おまとめローンでの契約は返済専用のための融資契約です。そのため、ほとんどの場合がおまとめをした契約内容での追加の借りれができません。
消費者金融でおまとめをした場合、総量規制の範疇を超えたおまとめとなるため追加融資の可能性が0となります。
しかし、銀行カードローンの場合には少し形態が異なります。

 

銀行カードローンでも、おまとめローン専用のサービスでおまとめをするときには追加の借入を行うことができないでしょう。
ですが、もともとのカードローンのスペックとして限度額が高く金利の低い銀行カードローンでおまとめをした場合には追加の借りれができる可能性があります。

 

おまとめをした貸金業者によってできるかできないかが変わりますので、申し込みをした後の借入意思確認の連絡時に聞いてみると良いでしょう。

 

消費者金融の総量規制対象外おまとめローン

消費者金融で総量規制対象外のおまとめをするときには、少し面倒な手続きを踏まなければいけないこともあります。

 

しかし、消費者金融でのおまとめは審査通過の可能性が銀行カードローンよりもたしか。。。

 

ここでは大手消費者金融3社のおまとめローンについて紹介をしますが、最もおまとめに向いているといえるのは最初に紹介するアイフルです。

 

おまとめできる金額も、おまとめの申し込みがwebでできる点もその他消費者金融より優れいてるといえます。

 

アイフル
おまとめMAX

金利 利用限度額
12.0%〜15.0% 500万円

大手消費者金融の中で唯一web申し込みができるおまとめローン商品です。

 

限度額も他の消費者金融より高く設定してあるので、消費者金融でのおまとめならアイフルのおまとめMAXがおすすめ!

 

金利面で考えたら銀行カードローンにはかなり劣りますが、審査通過の面で言うならアイフルでのおまとめが有利です。

 

プロミスのおまとめローン

金利 利用限度額
6.3%〜17.8% 300万円

アコムのおまとめローン

総量規制対象外のおまとめローン|まとめて得するのは銀行?消費者金融?

金利 利用限度額
7.7%〜18.0% 300万円

アコムとプロミスでのおまとめは金利の差しか違いはありません。
となると有利なのはプロミスですよね。

 

しかし、この2つの大手消費者金融でおまとめローンをしようとするなら、申し込みを電話で行わなければ生りません。
というのは、この2つの消費者金融では、web申込でのおまとめローンを受け付けていないから。

 

おまとめローンの選択肢として消費者金融が挙がるのは、最後の最後だと思いますのであまり知り必要のないことかもしれませんが、

 

アコムやプロミスでおまとめローンをするなら電話で申し込みをするようにしてくださいね。

 

そのほか総量規制の例外

上に挙げた例外のほかにも総量規制の例外となる場合があります。

急に多額の資金が必要になった場合

配偶者の同意が得られている場合

個人事業主が借入をする場合

以上が総量規制の例外として認められている例です。

 

急に多額の資金が必要になった場合

総量規制は利用者の保護が目的で作られた法律です。
ですが、急に旦那が倒れて多額の医療費が必要になった場合等、急に資金が必要になる場合もあると思います。
そんなときに総量規制に引っかかってしまってお金が借りられないという状況になってしまったら、何の為の利用者保護なんだということになってしまいますよね。
やむをえない高額借入に対しては総量規制の枠にとらわれずに借入を行うことが出来ます。

 

配偶者の同意が得られている場合

これは専業主婦や専業主夫の方に当てはまる例外です。
働きに出ていない方は「無収入」の枠組みに位置されるので、基本的に無収入の方には返済能力が無いと判断され貸付は行えません。ですが、無収入のかたでも急な入用でお金が必要になるときもありますよね。そういう方の為に、配偶者の同意があれば、配偶者の年収の3分の1までの借入を行えるという例外が総量規制には設定されているのです。

 

個人事業主が借入する場合

個人事業主の方で運転資金が足りずに借入を行いたいという方もいると思います。基本的にカードローンは事業資金に利用することはNGなのですが、正規の貸付が受けれる状況で1ヶ月以内に確実に返済する保証がある場合の繋ぎ資金として借入をする場合は総量規制の例外として借入を行うことが出来ます。

 

また、運営計画書などから運営資金・開業資金に当てられる資金だと判断された場合も総量規制の例外として借入を行うことが出来ます。

 

 

 

普通の方がなかなか知らない情報だと思いますが、総量規制にはこういったことも定められています。もし総量規制のせいで行き詰ってしまったのならこういったケースに当てはまっていないかを確認してみてはいかがでしょうか。