MENU

返済遅延は金融事故になるの?金融事故とされるローントラブル

「カードローンでの返済を遅延をしてしまった!金融事故者としてお金が借りられなくなるのでは・・・」と、心配になったことはありませんか?

 

もちろん返済が遅れれば、信用情報を傷つけ、個人の信用を下げる原因となります。
その結果、ローンやクレジットの申込みの際に「利用者には金融事故がある」と判断され、お金が借りられなくなる場合があります。

 

「金融会社に、他社との取引はばれないのでは?」と思った方。
金融会社は、信用情報機関を通して、あなたの他社での契約内容・取引内容・返済状況に関わる情報がすべて確認できるようになっています。
そのため、返済遅延・未払い・滞納などの金融事故者(正常な支払が困難な人)かは、すぐに調べられるのです。

 

返済遅延をすると「金融事故者」と判断されお金が借りられなくなる可能性が高くなることは間違いありません。

 

今回は、金融事故とされる返済遅延の内容・その他のローントラブルについて、詳しくご紹介しましょう。

 

返済遅延によって金融事故者と判断される基準とは

 

返済遅延が金融事故者と判断されるまでの基準について調べてみました。

 

信用情報には、返済状況に関する項目があり、契約期間中の延滞状況が確認できるようになっています。返済遅延があると返済状況に「異動」と登録されます。
金融会社の審査の際に、信用情報に「異動」と登録があるだけで、この申込者は金融事故者だと認識されてしまうのです。

 

「異動」が登録されるまでの基準は「長期間にわたる支払いの遅れ(61日以上または3ヶ月以上)」という条件が決まっています。
ということは、金融会社が信用情報機関に返済遅延の登録を依頼するまでには、支払日から最短で61日までは猶予があると言うことです。

 

しかし、一度「異動」と登録されてしまうと、契約期間中・契約終了後5年以内は信用情報に記録が残ってしまうことから、新たなローンやクレジットの利用が出来なくなりますので、支払い期日は守るように気をつけましょう。

 

ローントラブル!踏み倒し・申込みブラックとは

 

金融事故として判断される踏み倒し・審査に落ちる要因となる申込みブラック について説明しましょう。

 

踏み倒し:

踏み倒しとは、債務不履行(金融会社に借金を支払わない)のことをいいます。
金融会社が利用者からお金を回収できないと判断した場合、信用情報に「貸倒」として処理し、顧客からお金を回収することもなくなります。
貸倒の記録は登録後5年間残りますが、悪質と判断されれば貸倒の処理を伸ばされ、最長10年は記録が残る場合もあります。
貸倒の記録がある間は、ローンやクレジットカードの利用はもちろん出来ません。記録が消えるまで耐えるしかないのです。

 

申込みブラック:

短期間に金融消費者やクレジットカードなどの多重申込みをしている方は「申込みブラック」とされ、金融会社の審査に落ちる可能性が高くなります。
基本的に1ヶ月以内に3社以上の申込みをしている方が対象になります。
多重申込みがなぜ問題になるのかというと、沢山の金融会社からお金を借りている人は、お金に困っている、貸してもお金を返してもらえないかもしれない・・・と金融会社が判断するからです。
信用情報から、申込情報は6か月で消えるため、申込み後から6か月空けることで審査に通る可能性は高くなります。

 

金融事故・まだまだ減らない多重債務の落とし穴

 

多重債務とは、複数の貸金業者からお金を借り、その返済が難しくなる人のことをいいます。
借金の返済を、更に別の金融会社から借金をし返済に充てるなどの悪循環に陥る方が多い。出口の見えない借金地獄です。
信用情報には多重債務に対する事故情報が登録されることになり、新たお金を借りることも出来なくなります。

 

最初はそんなつもりではなかったとしても、返済予定日に返済ができなければ、利息の他にも遅延損害金がかかることで、借金の金額が大きく膨らむこともあります。
多重債務になった方の対処方法は、借金を踏み倒すか、債務整理をするしか方法はありません。

 

消費者金融やクレジットカードなどの利用する場合は、多重債務の落とし穴に落ちないよう注意をして頂きたい。