MENU

横浜銀行カードローンでキャッシングをするには

サッカーの長友 佑都選手が線d年している横浜銀行カードローン。

 

低金利で高限度額。収入証明書も300万円まで不要なとても利便性の高いカードローンでのキャッシングはどのようにしたら良いのでしょう?

 

横浜銀行カードローンのメリットから審査のコツまで紹介していきます。

 

横浜銀行カードローン

 

金利 1.9%〜14.6% 最大限度額 1000万円
無利息期間 なし 審査回答時間 最短即日
審査通過率 不明 総合評価

 

金利が低く限度額が高いのが魅力の横浜銀行カードローン。
最短即日での借入ができるにも関わらず、おまとめ・旅行・エステなど様々な用途に借りたお金を使えるのが魅力です。

 

地銀の1つである横浜銀行ですが、インターネットから申し込みをすれば24時間365日申込が可能。

 

夜中に申し込みをしても翌営業日には審査が開始されます。

 

横浜銀行カードローンは横浜銀行と取引をしていなくてもカードローン利用が可能で、ローンカードは郵送で送られます。

 

書類の提出もHPからダウンロードした書類を記載してコンビニなどでFAXを送れば完了となるのでとても簡単です。

 

利用した口コミを見るとそこまで審査の難易度は高くなさそうなので、銀行カードローンを利用したいと考えているなら特におすすめのカードローンの1つです。

 

横浜銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

横浜銀行カードローンはその名の通り銀行のカードローンです。

 

カードローンサービスは銀行が提供しているカードローンの審査が最も厳しいということは既にご存知だと思います。

 

そう。
横浜銀行カードローンの審査は甘くはありません。

 

また、銀行カードローンを利用するときの特徴のひとつに

 

メガバンクと地銀の審査の違い

 

というものが存在します。

 

メガバンクは知名度の高さから多くの方が利用する為、比較的審査に通りやすいといわれていますが、地銀ではそうはいきません。
メガバンクよりも厳し目の審査が行われるのです。

 

しかし、地銀の審査のもう1つの特徴。
既にその地銀を利用していると審査通過の難易度が下がる。
というものも存在します。
既に横浜銀行を利用している方は横浜銀行カードローンの審査に有利に働くかもしれません。

 

だからといって横浜銀行を利用していない方が横浜銀行カードローンの審査に通らないということではないので、安心してください。
施行主婦でも借入のできる横浜銀行カードローンは金利設定や限度額設定を見ればわかるように借りれることができたらとても重宝するカードローンです。

 

まずは横浜銀行の銀行口座を作り、横浜銀行のサービスを利用してみる。
ちょっとずつ信用を積み重ねてから利用するのでも遅くはないかもしれません。

 

 

横浜銀行でキャッシングをした場合

私は横浜銀行でよくキャッシングをします。理由は払えなくなったクレジットカードの代金や固定費(携帯料金など)を支払うためです。最初は代金を払えずどうしたらいいのかわかりませんでしたが、銀行ATMでも画面を操作するだけで10万円まで借りることができると知り、キャッシングをしました。

 

バンクカードを持ってさえいれば審査もありません。年利も15%と他の消費者金融より安いのが特徴です。お金の借りやすさから、初めてのキャッシング以来、現在でもよく利用します。

 

 

 

また返済は、翌月1回払いです。毎月15日に締め切り、翌月10日に口座から自動引き落としです。ですので、借り過ぎるということもありません。

 

 

 

実際にお金を借りようとして困ったことは、翌月に返済ができない場合2ヶ月後以降に支払いを延ばせない点です。返済は翌月で固定なので、必ず引き落とされます。もし支払えない場合は別の消費者金融で借りるか、クレジットカードの代金をリボ払いにするなどして切り抜ける必要があります。

 

 

 

デメリットの部分を差し引いても、かなり便利なキャッシングだと思います。今後も活用していきたいです。

 

金利に怯える事なく賢く消費者金融を利用しよう

以前に引越し費用の足しとして消費者金融を利用したことがあります。一度完済させましたが、それからもちょっとした入り用などでキャッシングをする機会は何度かあります。

 

 

 

なるべく利用しないように心掛けていますが臨時の出費の時は大変助かっています。使いようによっては消費者金融ほど心強いものはありません。金利が高いからキャッシングをしない方が良いという声も聞こえてきそうですが、何ヶ月かで完済出来るプランがあれば、金利に怯える事も無く賢く利用できます。

 

 

 

僕はここ最近、友人へのプレゼントとして2万円をキャッシングしました。来月の給料で完済させますが、「今」必要な金額という意味では消費者金融は心強い味方となっています。毎月キャッシングに依存するのは考えものですが、金利に怯えることなく賢くキャッシング出来る人ならば消費者金融の有り難みも理解できると思います。インターネットを通じて返済出来るのも嬉しい部分です。店舗に足を運ぶのはやや後ろめたいため、僕はいつもインターネットで完済させています。