MENU

アコムの学生利用で親・学校・バイト先にばれない方法はある?

アコムは学生でも利用することができます。
でも、学生だからこそ身近な人にキャッシング利用はばれたくないですよね。
学生利用の際に親や学校にばれない方法、バイト先にばれない方法を紹介します。

 

学生がアコムを利用する条件

学生がアコムを利用する為にはアコムの利用条件を満たしている必要があります。
学生利用の条件は以下の2点です。

・20歳以上であること
・安定した収入を得ていること

以上2点を満たしており、信用情報に問題がなければ学生でもアコムを利用することができます。なので、20歳を超えていてバイトや学生起業などで安定した収入さえあれば学生でもアコムで借入を行うことが出来ます。

 

また、借入を行うにあたって利用制限はありません。
・海外旅行に行きたい
・就職活動に使いたい
・セカンドスクールに通いたい
・帰省のお金が欲しい
など、正当な利用に関しての借入は問題ありません。しかし、「パチンコや麻雀等のギャンブルに利用したい」などの理由では借りることはできません。

 

学生の醍醐味である卒業旅行の資金での借入も可能です。
お金がないから。。。
学生だからお金を借りることも出来ないから。。。
といって悩む必要はありません。学生でもカードローン利用は出来るんです。

 

アコムの審査は学生でも通るの?

学生のカードローン利用は親や学校、バイト先にカードローン利用がばれることも心配ですが、まず先に学生でもカードローンの審査に通るのかと言うことが心配ですよね。

 

アコムでは学生だからといって審査をしないなんてことはありません。ですが、学生がアコムで審査を受けるには20歳以上で安定した収入を得ている必要があります。
この条件さえクリアしていれば学生でも問題なくアコムで借入を行うことが出来ます。

 

気になる審査通過については、審査を受けてみないと分かりません。学生に限らず、働いている社会人でもカードローンの審査に通過できるかは本人の信用の大きさによって変わります。なので、学生だからとかは関係なく審査は受けてみないと結果が分からないのです。

 

だからと言って学生がお金を借りたいときに必ず審査に落ちるということもありません。アコムの審査通過率は銀行カードローンや消費者金融全ての中でもトップの審査通過率を誇っています。
審査通過率で言えばアコムの右に出るカードローンはありませんので、そう考えたら学生の借入はアコムで行ったほうが成功の可能性が高いと言えます。

 

審査通過率の高いアコムですが、審査にビクつくくらいだったらお金なんか借りなくても良いのではないでしょうか?
お金を借りると言うことは返済と言う社会的な責任を果たすことになります。学生だから審査通過が心配。バイトの収入が少ないから審査通過が心配。
カードローンは無限にお金が出てくるものではありません。学生のあなただからこそ、将来の為に賢い利用をすることが大切です。

学生の借入は親や学校、バイト先にばれる?

学生がアコムを利用するに当たって学校に借金をしたことがばれるようなことはありません。
アコムなどの消費者金融や銀行カードローンは、貸金業法や銀行法により、「第3者にカードローン利用を漏らしてはならない」と定められているからです。
また、学生がカードローン利用するからといって学校に連絡をする必要性がありませんので学校に連絡が行くことはありえません。
しかし、アコムの利用方法を間違えてしまうと学生のあなたが危惧する親バレの可能性は出てきます。

 

学生カードローン利用で親バレしない為のポイント

 

カード受け取りを店舗かむじん君(自動契約機)で行う
返済を口座振替(自動引き落とし)にしない
返済が遅れる可能性があるときは連絡をする
住所変更や電話番号変更があれば忘れずに連絡する
今後増額の必要がない場合は連絡がいらない旨を伝える

 

―カード受け取りを店舗かむじん君(自動契約機)で行う―
学生がアコムの利用で親にばれてしまう可能性が最も高いのは「郵便物」です。
親バレせずににカードを受け取るには、ネット審査終了後に店舗に行くか、自動契約機で受け取る方法を取るのがおすすめです。
審査が終了した後、カード受け取りを郵送で行ってしまうと自宅にキャッシングカードが送られてきます。送られてくる封筒にアコムという表記はありませんが、中身を見られてしまうと一発でばれてしまう恐れがあります。
カードを郵便受け取りにする場合は郵便物が近々届く旨をを家族に知らせておくと対処しやすいですね。
※学生や社会人に関係なく、ローンカードを店舗や自動契約機で受け取りをすれば郵便物で

 

―返済を口座振替(自動引き落とし)にしない―
アコムで返済方法を口座振替にすると、返済の明細書が自宅に送られてきます。
封筒にはACサービスセンターという名前で送られてきますが、中身を見られるリスクが高まります。返済方法は銀行振り込みやインターネット決済を選択する方法をおすすめします。
また、申し込みの際に利用明細書送付希望を選択することができるので、誤って送付選択をしてしまうと利用明細書が自宅に送られてくるので、こちらも注意してください。

 

―返済が遅れる可能性があるときは連絡をする―
学生の時のアルバイトの給料って、テストやサークル活動などをしていることで安定していることが少ないですよね。申込の時には安定して月に8万円稼いでいたとしても半年後には半分以下しか稼げていないことも。。。
返済が遅れると、遅くても2〜3日の間にアコムから登録した個人の携帯電話に連絡が来ます。
連絡が来た時点で「返済が遅れている理由」「返済予定日」を伝えれば問題はありませんが、万が一連絡の取れない状況になってしまった場合、自宅の電話に連絡が行く場合があります。
学生だからこその収入の不安定さが合っても借入は出来ますが、学生だから返済遅延が許されると言うものではありません。
利用者の動向がつかめていれば執拗な連絡はしませんので、返済が遅れそうな場合は事前に連絡しておくようにしましょう。

 

―住所変更や電話番号変更があれば忘れずに連絡する―
学生寮や学生アパートで生活をしている方もいますよね。
でも、学生から社会人になるときや4年生で授業に出る必要がなくなったときに学生寮から実家へと帰る方もいると思います。そういう場合にはきちんと学生寮から○○へ引越をしたとアコムに伝えるようにしましょう。

 

限度額増額の連絡などをする際に、個人の携帯電話番号や住所に連絡がつかない事態が起きたときに自宅に連絡が入る場合があります。
自宅への連絡を避けるには、電話番号変更や住所変更があったときにしっかりとアコムへ変更の登録を済ませておきましょう。

 

―今後増額の必要がない場合は連絡がいらない旨を伝える―
利用者におすすめする情報があったときにアコムから連絡が来る場合があります。
その際の連絡は基本的には個人の携帯電話にかかってきますが、万が一連絡が取れなかった場合に自宅への連絡がある場合があります。
学生でも利用に問題がなく増額出来る可能性は十分ありますので、あらかじめ増額の電話は要らない旨をアコムに伝えておくか、それらの連絡を自宅にしないように伝えておくようにしましょう。

 

アコムは親(自宅)にばれるような連絡の仕方をしません。(電話をする際には個人名でかけてきますし、電話をかける人の性別も指定することができます。)
何か問題が起きた場合や、利用者の有益になるような情報を伝える為以外には自宅に連絡はこないのです。

 

学生カードローン利用でバイト先にばれない方法

学生がアコムで借入をするときには収入を得ていないといけないので、バイト先に在籍確認の連絡がきます。
利用者が勤務先に所属しているかを確かめる為です。
その際「アコム」という消費者金融名は名乗ることはありません。ですが、バイト先に個人名での電話が来ること自体が怪しまれる原因になりうるので、しっかりと言い訳を考えておく必要があります。
学生と言えどキャッシングをしていることは世間一般からはあまり良く思われていません。

 

良く使われる方法としては
「クレジットカードの在籍確認の電話だった」
というい訳をするという方法です。

 

クレジットカードの申込はをする際にも必ず在籍確認は行われるので、この言い訳はとても有効だといえます。
最近では学生でもクレジットカードを持つようになってきたので、言い訳も簡単に済ますことができますね。

 

以上が学生がアコムを利用する上で抑えておきたいポイントです。
今でこそ消費者金融はクリーンなイメージを持たれることもありますが、借金を良く思わない人もいます。
自分の胸の内に借金の事実は留めておき、周りにばれないような準備をしっかりと整えておきましょう。

 

学生が知っておきたい審査情報

学生のあなたは今までに審査という言葉をあまり聞いてこなかったではないでしょうか?審査というのは、キャッシングやクレジットカードの申し込みのときに、「返済能力があるか」の判断をする審査のことを指します。
その為、あなたがアコムを初めとする消費者金融や銀行カードローンでお金を借りようと思ったとき、あなたは審査で返済能力があると認められなければいけないのです。

 

ここでは学生ならではの状況と照らし合わせて審査を有利に進める方法を紹介していきます。

 

一人暮らしの学生は要注意!審査で見られる家族・居住形態

審査では学生のあなたの年収だけを見ているわけではありません。学生のあなたは当然アルバイトで生計を立てているはずですから、あなたがバイトに出れなくなった状況であなたの変わりに返済をしてくれる人が近くにいるのかどうかも審査では見られる項目となります。

 

一人暮らしの学生が注意してほしいのは、1人暮らしの学生は属性として高いものではない為、審査に少し振りに傾く可能性があるというもの。
1人暮らしの学生であるあなたは当然賃貸アパートや賃貸マンションで生活をしていますね。一人暮らしというのは金融商品の審査を受ける上で低い属性にあたります。あなたが寝込んで稼ぎがなくなったら返済ができないのですから当然ですね。
なので、1人暮らし・賃貸アパート暮らしというのは属性としてはとても低く見られるということがありえるのです。
ではどうしたらいいのか。

 

答えは簡単です。
申し込みの住所を実家の住所にすれば良いのです。

 

もちろん申し込みのときの設定を間違えてしまったら郵送物が届くリスクもありますが、独身学生の実家暮らしと、独身学生のアパート暮らしでは天と地ほどの信用の差が生まれます。何かあったら家族が助けてくれるということになりますからこのアドバンテージは審査に影響するといえるでしょう。

 

なので、一人暮らしの学生は実家の住所と家族構成で申し込みをすることで審査を多少有利に進めることが可能です。