MENU

カードローン審査って何?仮審査・本審査の違い

お金を借りたいけれど、初めて借りる場合のカードローン審査や借入金額増額の再審査に自分がきちんと通るのか心配になりませんか?
そもそもカードローンの審査では具体的にどのような部分を審査しているのでしょうか。
カード会社によっては≪審査が甘い金融業者と厳しい金融業者≫があります。
では「銀行」「信販会社」「消費者金融」で一番審査が甘く、逆に一番審査が厳しいのはどこなのか?
これらのカードローンに関わるさまざまな疑問について、詳しく説明しましょう!

 

まずは「仮審査と本審査ではどのようなことを審査しているのか」から、
「金融機関ごとの審査内容と審査の厳しさ順位」
「クレジットカードの審査に通るために気をつけたいこと」
の順に、くわしく取り上げて行きます。

仮審査と本審査ではどのようなことを審査しているのか?

カードローンやキャッシングの申込みの際、金融会社は必ず顧客の「信用情報」を基に、個人に融資をしても問題がないか審査をします。「信用情報」には、

クレジットやローンに関する過去の契約内容や返済状況、取引事実

などの情報が記載されており、あなたに支払い能力があるかの判断基準としています。
金融会社によって審査結果の違いが出てしまうのは信用情報の他にそれぞれの金融会社が決めた独自のルールを加え審査をするためです。

 

審査の流れ〜仮審査と本審査の違い〜

仮審査・本審査とは言いますが、実際にはどちらの審査も本番の審査のことです。
最初に受けるのが仮審査で、最後に受けるのが本審査となっています。

 

どちらか仮審査に落ちても本審査で受かればOKなんてこともありませんし、本審査で落ちても仮審査で受かっているからまだ諦めないでよいというわけでもありません。
仮審査も本審査も、両方を通過することができなければカードローンの利用をすることはできないのです。

 

それでは仮審査と本審査ではどのようなことを見られるのかを見ていきましょう。

 

仮審査

申込者に融資が可能かの判断を、基本情報(申込者の年齢、勤務年数、年収、借入額など)を基にコンピュータによって審査をします。

 

あなたの属性を数値化して、あなたに返済能力があるのかどうかを簡単に判断するものとなっています。

 

調べられる要素が少ないこともあり、早いものは数分で審査結果が分かります。 

勤務年数が短い・収入が少ない・他社からの借入があるなどの場合は仮審査の段階で落とされる可能性があります。

 

本審査

仮審査を通過すると、次は人によって詳しく調べられます。
本審査では、信用情報の照会をし、本人確認書類の確認や勤務先への在籍確認、申込者の申告内容に虚偽がないかなどを厳しくチェックします。

審査の結果によっては、希望の限度額を減額されることや、審査に落ちる場合もあります。

 

金融機関の審査内容と、審査の厳しさ順位

金融会社「銀行」「信販会社」「消費者金融」によって異なる審査の違いがおきるのはなぜでしょうか?
基本的には、どの金融機関も基本的な審査内容はほぼ共通です。

 

共通の審査内容は、

「信用情報機関」による事故情報(CIC・JICC・全銀行個人信用情報センターなど)

年収、資産

年齢、家族構成

職業、勤務先、勤務形態、勤続年数

他社からの借入総額、件数

ブラックリスト掲載有無

など、
これら共通の審査内容と合わせて「各金融会社によって決められた審査基準」も加わるため最終的には、金融会社が決めた基準がポイントになるのです。しかし、各社の審査基準は一般に公開されていないため正確な情報は不明瞭です。

 

では、「銀行」「信販会社」「消費者金融」の審査レベルに順位をつけてみましょう。

・審査レベル低「消費者金融」

消費者金融のサービスはスピードと利便性を重視しています。そして、銀行カードローンが組めない方もサービスの対象としているため、銀行よりも審査の内容に柔軟性があり、審査基準は一番低いとされています。
安定収入があればアルバイトでも借入れ可能な金融会社もありますが、無収入の方は借入することが出来ません。

例外として、消費者金融では総量規制の例外・特例の措置がとられる場合・配偶者貸付の制度がある金融会社では、収入のない専業主婦の方でも配偶者と合算して借入れ総額が年収の3分の1までの場合は借入れが可能。
・審査レベル中「信販会社」

信用情報に事故情報がなく、消費者金融のカードを複数もっているということがなければ、比較的審査には通りやすいのは信販会社です。過去のローンやクレジットカードの返済状況に問題がないかが重要といわれています。

・審査レベル高「銀行」

安心したサービスを受けられ、借りられる上限額も大きく金利は安いですが、その分審査は一番厳しいのは銀行です。個人の返済能力について、勤務先や勤続年数、年収などの申込者の情報や、信用情報に事故情報がないかなど、信販会社などの基準より厳しく審査されます。

 

カードローンの審査に通るために気をつけたいこと

金融会社の審査に通るために大切な条件とは、

 

1.自分の状況に合う金融会社を選ぶ
2.申込内容に虚偽がないように気をつける
3・滞納をしない、借金をつくらない
4.必要以上のカードを持たない(返済能力が低いと判断されるため)

 

 

もし「滞納などでブラックリストに登録されているかも・・」と心配になる場合は、信用情報機関(CIC・JICC・全銀行個人信用情報センター)へ問い合わせし「情報開示」をしてもらうことで、過去の事故情報を調べられます。カードローンを検討されている方は、きちんとした金融会社を選び、自分の身の丈に合った金額を借りるようにしましょう!